またしても・・・

投稿日: カテゴリー: 古本や日記

自分のブログにも書いた事ですが、岩波書店からまたしても新しい「漱石全集」が出ます。

「定本」と銘打って、一見、全くの新編集に見せていますが、前回の全集にごく僅かな増補をしたものにすぎません。

ほとんど変化ないのです。

以前の岩波書店は、漱石全集に関してはほぼ一貫して、前回全集購入者には、増補分だけを収録して追補という形でそれだけ分売するという、花も実もある親切な手法を取っていました。

ところが、今回は、新全集を買わない限り増補分の恩恵は受けられません。方向転換でしょうか。

大体、岩波書店はここと言う時に「漱石全集」を何度も出しています。

まるで、歌舞伎が不入りの時の「忠臣蔵」みたいです。

大手の出版社で夏目漱石の全集を出したのは、集英社、角川書店、筑摩書房位じゃ無いでしょうか。

いずれも全集としては極めて不完全なものでした。

唯一、集英社版が小説、随筆作品だけの収録でしたが、極めて綿密な本文校訂作業をしたのが評価に値する程度です。

漱石全集は岩波にしか出せない、出版界にそんな風潮があるかぎり、岩波書店は安泰?

 

文責 池崎書店

http://ikezaki-shoten.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。