キングコング、観てきました(ネタバレ無し)

投稿日: カテゴリー: 古本や日記

1日は映画サービスデー=1,100円で観れるということで、毎月1日はオタク友人のIさんと一緒に映画館で映画鑑賞が、ここ数年続いています。

今月は、キングコング: 髑髏島の巨神を観てまいりました。

「パッセンジャー」と迷ったのですが、なんだか宇宙版「青い珊瑚礁」みたいで、ラブストーリーに私もI氏も食指が動かない上、ハリウッド版ゴジラ(1998版じゃない方)を観た後なので、ちょっとした義務感もあってキングコングとなりました。

キングコングは何度もリメイクされていますが、私の記憶にあるのは1976年版でしょうか。

TVの映画番組で何度も観たので、キングコングといえば美女好きで、ニューヨークで暴れて、高層ビルに登る、というイメージが脳裏に焼き付いています。

今回のキングコングは第一印象が、とにかくデカイ! そして、強い!

CGの発展もすごいですね、生物の質感に違和感が全く無いです。もう、何でもありですね。

映画館の大スクリーンで見るべき映画でした。

これから観る人に忠告ですが、クレジットが流れても席を立たないようにしましょう。

 

関古研では、映画関連の書籍、ポスターなどの買い取りもしています。ぜひ、ご連絡下さい。

 

管理人:正木

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。