雑誌「ニュートン」一寸でも高く入札してよネ・・・

定期購読者から学習教材開発名目で不正に出資を募ったとして、月刊科学雑誌「ニュートン」を発行するニュートンプレス(東京都渋谷区)の元社長と、関連のコンピューターソフト開発会社管理部長が、出資法違反容疑で逮捕される事件が報じられた。集めた金の大半が会社の運用資金に充てられたらしい。

「ニュートン」は1981年創刊。東大教授を退官した地球物理学者の故・竹内均さんが初代編集長を務め、天文ジャンルがかなりの部分を占め、天文マニアを自認する私・星空書房店主も8年近く購読していた科学雑誌である。こんな事件で報道されるのは,なんとも情けないことだ。

 

今、出版界は大きな曲がり角に差し掛かっているのでは、と考えている。

新潮社の季刊誌「考える人」も4月4日発売の春号で休刊するそうだ。創刊15年で「一定の役割を終えた」という。「Webでも考える人」は続けるそうだから、紙の雑誌を手にする人が減少したということだろう。

 

雑誌市場が加速度的に縮小していることは、出版科学研究所が1月25日に公表した2016年の出版物発行・販売概況ではっきりと示された。

書籍と雑誌を合わせた推定販売金額は前年比3.4%減の1兆4709億円で、12年連続で、相変わらず前年を下回っている。

しかし、その内容は雑誌が5.9%減と大きく、書籍は何とか0.7%減と頑張っている。

そして書籍の販売金額が、雑誌の販売金額を上回ったのだ。「雑高書低」が1975年以来41年ぶりに逆転したのだ。筆者が出版(書店)業界に身を置いてから初めてのことである。

 

情報を入手するのは、すでにネットでという社会になりつつあるということだろう。この流れは益々加速するだろう。パソコンの苦手な私にはいかんともし難い流れである。

 

さて、創刊号から購読を続けた「ニュートン」だが、いずれ古書業者間の交換会(市会)に出品する予定でいた。

ニュースバリューがあれば少しでも高い入札をしてもらえるものだが・・・・。。

今回は如何なりますやら??

 

                                                     星空書房  吉田

「たにまち月いち古書即売会」やってます

大阪市のど真ん中、谷町四丁目と谷町六丁目のちょうど中間、谷町筋の一本西の筋にある大阪古書会館で

「たにまち月いち古書即売会」が

 

2月17日(金)~19日(日)

午前10時~午後6時(最終日は午後4時閉場)

 

上記の通り開催されています。

関西古書研究会メンバーも数店参加しています。

毎回、大勢のお客様が来られていますので、是非とも、ご来場ください。

 

文責 池崎書店 池崎潔史

http://ikezaki-shoten.com

もうすぐ春ですね

この冬一番の大寒波がやってきて、私の住む千早赤阪村でも雪が積もったのはついこの前のこと。

 

でも、今日はポカポカいい陽気です。この分だと、春の訪れももうすぐの予感。寒いのは苦手なので、はやく春が来てほしいと願っています。

 

さて、春になったら即売会。

ツイン21古書販売会と四天王寺古本祭。

私はダブルで参加するので、ちょっと慌ただしくなりそうです。

詳細はまた追ってこのブログにて告知しますが、全国の古本ファンの皆さま、いい本を買えるように、今のうちから家計とスケジュールのやりくりの方、よろしくお願いしますm(__)m

 

ざっくりと日程の告知だけ。

 

★ツイン21古書販売会

4月1日(土)~8日(土)まで

★四天王寺古本祭り

4月28日(金)~5月3日(祝)まで

 

四天王寺には、新しいお店も何軒か参加する予定。たくさんのいい本に出会えること間違いなしですよ! 乞うご期待!

文責:ロビン・ブックセンター 林

三八広告の効果やいかに

かかりつけのクリニックで、毎日新聞の朝刊一面の最下段の三八広告を見てなるほどと驚いた。

家を出る前、朝日新聞の「天声人語」で今日2月9日が文豪夏目漱石の生誕150周年であることを、改めて認識したばかりだったが、こうまでズラッと漱石関連本を並べることが出来るとは・・・・。

新刊で現在いかほど漱石関連本が出ているのかを事前に調べ、8社あるいはそれ以上の出版社に広告依頼をせねば、こうは纏まった宣伝コーナーを作れまい。

新刊書店に勤めていた当時、先輩から「新聞の三八広告」は必ず目を通すようにと何度も聞かされたが、古本屋に転身し十数年も経つと、一寸おざなりになっていたのではと反省している。

一体今までどれほど漱石関連本が出版されてきたのだろうか、あまり文学分野には得意でない私には想像の及ばない世界だ。

ただ、先日、以前から付き合いのあるお客さんから買い取った中に、岩波書店の新書版全34巻の「漱石全集」がありました。

最近朝日新聞では漱石作品の再連載を続け、岩波も全集を再刊するとのニュースもありましたので、買い取ったばかりの34巻を、この春の「四天王寺大古本祭り」の目録に載せようと、打ち込んだばかりです。

値付けはお安い五千円です。

原稿締め切りの三月初めまででしたら、ご注文に応じます。よろしく。

合同のブログにこんな宣伝を載せていいのかな・・・・・。

                     星空書房 吉田

あの人は今?

ひところよく読まれたが最近はとんとその名を聞かない、という事は栄枯盛衰は人の世の常。

本の世界では当たり前のことです。

 

亀井勝一郎。

 

懐かしい名前です。

私の青少年時代は、岩波を除くほとんどの文庫に作品が収録されていたと思います。

「大和古寺風物誌」、「愛の無常について」、「人生論」や「読書論」などetc。

とにかく大量に出ていて、青春時代の必読書の観を呈していました。

私も「愛の無常について」を読んでひどく感動した記憶があります。

取り上げる主題は深淵でも文体は優しく、いつしかゆりかごで揺られているような不思議な気持ちにさせられました。

少し甘く少し悲壮な慨嘆調で、知らぬ間に引き込まれたものです。

著者の風貌はと、口絵の肖像写真を見ればこれがまた、池部良にちょっと似た端正な顔に綺麗で豊かな若白髪。彼の講演会は例外なく満杯になり、良家の子女が揃ってうっとりと顔を眺めていたと伝えられています。

それが今は語る人も無く、文庫本には収録されておらず、ほとんど忘れ去られています。

ところがこの人、風貌や青少年向きの本から受ける印象とは異なり、実はかなり激しい性格の持ち主だったようで、彼の全集にはその一面が現れた文章も収録されていて面白い。

「私の大きらひな文化人」と題された、昭和26年の文芸春秋に発表された文章が講談社版全集の第15巻におさめられています。

そこで彼は渡辺一夫、桑原武夫、羽仁五郎の3人の実名を挙げて口汚くののしっているのです。

一口で言えば、やたら外国崇拝をして日本人を貶めて眺めては悦に入っている鼻持ちならない連中、と決めつけています。

その論の当否はここでは問いませんが、今では書けないような名誉棄損すれすれの言葉でもって容赦なく攻撃する様は、亀井勝一郎が持っていた一般的イメージとはあまりにかけ離れているので、とても興味深いです。

読みたい方は古書店で亀井勝一郎全集をお買いください。

 

文責 池崎書店 池崎潔史

http://ikezaki-shoten.com

ネット販売は便利ですが……

先日、買取に出かけました。そこのお客様とのやり取りで、気づかされたことがあります。

 

その方がおっしゃるには、本を買うのにインターネットは便利。

でも、知らない本を買うことはできないとのこと。

なるほど、確かに本好きの方はお店でふと目撃した本を衝動買いしてしまったって経験をお持ちの方は多いはず。

この本を買う! っていうしっかりした目的意識がなくても、「あ、面白そうだな」って気軽に買えるのも本の楽しみの一つ。

新刊でもせいぜい数千円。まして古本ともなれば数百円ぐらいで売っていることも多いわけで、たとえハズレ本に当たってしまっても諦めのつく金額。

下手な鉄砲数うちゃ当たる……っていうと言葉は悪いですが、いい本に巡り合うには色んな本に触れることが大事なわけで、知らない本を買うことのできないネット販売も、この部分は弱いわけです。

 

知らない本を見つける喜び。

それは、自分の世界が広がる喜びでもあります。

そして、そのような喜びを味わわせてくれる本は、思わぬところで突然に出会うことが多いもので、たとえネット販売が本の流通の大部分を占めることになっても、やっぱり実地販売ってのはそれなりに価値のあるものなんだと思います。

本を読む人が減って、売れ行きが芳しくないって暗い話はよく聞きます。でも、案外まだまだ捨てたもんじゃないのかも。

読んだ人の人生を大きく変えるような本との出会いを演出できたら、古本屋冥利に尽きるな~。……お客さんとの会話の中で、そんな夢を抱いていました。

 

   文責:ロビン・ブックセンター 林

楽しいですよ「続 浪花風俗図絵」

浪花風俗図絵父や母が今生きていれば、どれほど会話が弾んだだろうか。

一点繰るごとに

「こんなんうちでも、使こてたよ!」

「こんな店、近所にあったで・・・」

「お母ちゃん、こんな前掛けしてたワ」

と・・・132点それぞれに話題が詰まっているようです。

 

そして「子供の遊び」十数点を見ているうちに「これ、〇〇ちゃんや!!」と、百年近く前の幼なじみの名前が、飛び出して来るかもしれません。

私たち団塊の世代でも懐かしく感じますが、親の世代が元気だったらどんなに喜んだ事かと思います。

 

埋もれた画家・藤原せいけんの70歳を過ぎての処女出版だそうです。

明治・大正・昭和初期の大阪の庶民の風俗が、なんとも軽妙爽快に描かれていて、その解説も楽しく、様々な思い出が浮かび上がってきます。

「下駄」が武器にもなるとありました。おてんばの祖母が、気の弱い兄が泣かされて帰って来ると、「下駄」を振りかざして飛び出し、近所の悪ガキが「綾子が来た!」と蜘蛛の子を散らすように逃げ出した、とのエピソードまで思い出しました。

 

先日、業者間の市で落札した「続浪花風俗図絵」を「四天王寺春の大古本祭り」に出品すべく、整理している途中の話です。

皆さんもきっと楽しんでいただけると思います。ぜひ会場にお越し下さい。

 

                星空書房  吉田

メダルの重み


2008年北京オリンピックの100M×4 リレーでドーピングの疑いでジャマイカチームが失格、メダルはく奪の記事で、久しぶりに私が生まれてはじめてもらったメダルのことを思い出し取出して見ました。大学に入って始めたボウリングですが3年になっても全く目立たない数字しか残せていませんでした。それが3年次11月の全九州個人ボウリング選手権大会(南大分ボウル)で初めて決勝出場(ベスト16)し、決勝ゲームの前にレーンに並んで一人ずつ首からかけて頂きました。小さいけれどなぜか重く感じました。初めての感触でした。その後も1度、頂いたのですがその時のことは覚えていません。今回も4位のチームが銅メダルに繰上げるかもしれませんが、その時に頂けるからこその感動があるのではないでしょうか。これからの人生、メダルを頂くことはあるのでしょうか?

古書ゆうらく
古川

http://koshoyuuraku.com

町の銭湯


ここ数日の疲れをいやすため実家近くの銭湯に7,8年ぶりに行きました。大人料金440円。脱衣場、湯船の雰囲気はおよそ50年前とあまり変わっていません。ただ、5時過ぎで客はわたしを含めて3名(もちろん男湯で)。10年後、20年後存続してるかどうか。たまには身近なところで手足を伸ばしゆっくりするのも良いものです。ちなみに大阪府四條畷市の皆様温泉です。

古書ゆうらく
古川

http://koshoyuuraku.com

新春早々 ムムムムムム

朝日新聞元旦の「天声人語」を、本好きの皆さんは、いかが思われたでしょうか?

書店に勤める若き歌人、佐佐木定綱氏の作「十年後存在しないかもしれない本と言葉と職種と我と」が文中から迫ってきました。

新春早々 ムムムムムムでした。

IT革命や技術革新に振り回される不安を描いていましたが、私たち古本業界も常日頃この問題に直面している、まさに当事者です。

紙の「本」が片隅に追いやられようとしている現在です。

電車に乗れば、見渡した車内で本を開く人はたった一人、スマホに見入る人は八人以上、というのが当たり前の世の中になりました。

昨年秋、私たち関西古書研究会が主催していた某会場の古本祭りは、会場のオーナーが変わり、全く一方的に廃止されました。

新しいオーナーにとって「本」はそんなに魅力の無いものだったのでしょうか。

古本祭りのお客さんは会場滞留時間も長く、近隣施設の食堂街に貢献していたとの声を聞いたこともあるのですが・・・・。

大量の本の中から、探している本を見つけ出す楽しみ。

そしてその隣から出会った事の無い本が訴えかけてくる驚き。

時間の許す限り離れたくない場ではないでしょうか。

一寸疲れてお茶でも。

ほら、喫茶店も潤います。

古書会館では週に二度・三度と業者間の交換会が開催されます。

山積みされた本・本・本。

勿論、いかに早く売り抜けるか商品としての目利きが問われる場です。

しかし、個人的に関心のある分野の本が含まれたくくりが出品されていれば、ついつい高値で入札してしまうのも、本好きでこの業界に飛び込んだ私たちの性というもの。

倉庫に空きスペースが無いと言うのに、思わず入札してしまいます。

本屋や、古本屋、そして古本祭り会場に、ぜひ足を運んで下さい。スマホの世界と違った、思いがけない出会いがきっとある、楽しい場所です。

私たちも頑張って続けていきたいと思っています。

 

著者も、出版社も、新刊書店もどうか頑張って下さい。

皆さんが流通させた本が、古書業界に還流し私たちの世界も成り立っているのです。共に頑張りましょう。

星空書房   吉田

Pages: 1 2 3 4 5 6